学童の選び方とその違い

保育園や幼稚園の頃と違い、小学生になると日々の宿題はもちろんの事ですが、習い事や塾など学校以外での学習も必要になります。また勉強だけではなく日々同年代の子達と遊びの中で覚えていくコミュニケーションや社会のルールもあります。高学年にもなれば話は別ですが、入学間もない子どもに一人で帰ってきて一人でいろいろやれといっても無理があります。共働きともなると親がどちらか帰宅するまでの間、様々な不安も残ります。その小学校入学後の不安を解消する為のものが学童保育ですが、その運営方針は施設によって様々です。傾向として多いのが小さいNPO法人が母体となっているところは勉強は「宿題をしなさい」程度で、遊びが中心、学習塾が母体になっているところは遊びはそこそこに勉強が中心です。この傾向は夏休みなどの長期休暇中は特に顕著となりますので、家庭での教育方針とどういったところがあっているかを考える必要があります。

帰宅時間と学童保育について

我が子を保育園に送り、就業後に保育園に迎えに戻るという生活スタイルの共働き世帯も少なくありません。しかし待機児童が多いとはいえ選択肢も多い保育園と違い、14時台には下校時刻になってしまう子どもの対応に苦慮する家庭も同じ数だけあります。学童保育という選択肢もありますが、確かに子どもの成長に伴って保育園入園時のような逼迫間は無いものの、保育園以上に受入数は少なく、行政が運営する学童では17時や18時までで閉園となる場合がほとんどです。一般的なフルタイムの就労であれば、よほど残業が無いか勤務地が程近くなければその時間までに迎えに行く事は困難です。また学校・自宅までの送迎や延長を行う民間の施設もありますが、学習を見てくれるなどの利点はあるものの、料金が大幅に異なる為収入のほとんどが学童の支払いに消えてします事態も想定されます。世帯の収入面などとも照らし合わせてどのような選択肢があるのかを考える必要があります。

学童があるからとても助かる

働くお母さんが増えてきています。そこで子供が帰ってくるときまでの戻ってこれない親がいっぱいいます。そこで親が戻ってくるまで小学生の子供を留守番させるのはとても不安になります。そこで今学童といって子供を預かってくれるところがあります。これは働くお母さんにとってすごく助かります。学校から来たらすぐに宿題をすませるようにしてもらえます。だから子供たちはきちんと毎日習慣のように来たらまずは宿題をすませるようにしています。そしておやつも食べさせてもらえるようになっています。子供たちは学童に行っても家に帰る子供たちのような生活を送る事ができます。だから楽しく過ごせるようになっています。また毎日友達と遊べるからそれも楽しみにしています。こうやってさみしくさせないから親も安心して通わせることができます。学童なら小学生も安心して過ごせる環境になっています。