共働き家庭では欠かせない存在の学童保育

学童保育は共働き家庭から見たら、欠かせない存在であることは間違いないでしょう。しかし、保育園に行ったからといって次は必ず学童に預けなければいけないというルールはありません。家におじいちゃんやおばあちゃんがいる、あるいはすでに大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるといった家庭はあるでしょう。この場合では、共働きでも預けることを必要としなくなっています。しかし、これだけ核家族化が進んできています。そして、お金を払ってまで外注を頼んでいる家庭は沢山存在します。ですから待機児童も多く、そして預けたという家庭はとても増えています。実際に、学童保育が必要か否かは家庭それぞれの状況により全然違います。他の家庭が通っているから自分もということではなく、実際に必要か否かは親子できちんとコミュニケーションをはかっていくことが重要となってきます。

周りに左右されずに学童保育を考えましょう

学童保育は共に働いている家庭からしたら、欠かすことができない施設であることは間違いありません。ですが保育園に行ったからといって、その次は学童に行かなければならないという義務は存在しません。家に帰ればおじいちゃんやおばあちゃんがいる、そして少し年齢のいったお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるといった家庭もあります。この場合は、共に働いていても預ける必要性は殆ど感じないでしょう。けれど、これだけ核家族化へと進んでいます。お金をかけてまで、外注を頼りにしている家庭も数多く存在します。なので待機児童も多く、そして学童にも行きたいという家庭が意外と多く存在します。実際に必要かどうかは、家庭の状況により全てが異なってきます。周りの友人家庭が大体通っているからというのではなく、本当に通う価値があるかどうかは、親子のコミュニケーションが重要なカギを握っています。

学童保育は利用すべきかすべきでないか

学童保育はお父さんお母さん二人とも働いている家庭からすれば、必要不可欠な施設であることは確実でしょう。ただ、保育園を利用したからといって、今度は学童保育を利用しなければならないという決まりごとはありません。家には常におじいちゃんやおばあちゃんがいたり、または少し大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいたりという家庭もあります。この家庭の場合ですと、二人とも働いていても利用する必要はあまり感じられないでしょう。しかし、これだけ核家族化が発展しています。そして、お金を多少かけても外注化を希望する所も意外に多くあります。ですので待機児童も数が多く、利用したい家庭もとても増えています。実際に学童保育が必要になってくるかどうかは、様々な家庭事情により違ってくるでしょう、周りが利用しているから自分も真似をしてではなく、果たして本当に必要であるのかどうなのかは、親子でコミュニケーションをしっかり取っていくことが何よりも大切ではないでしょうか。