学童保育のメリットについて

保育園は、夜の7時や8時くらいまで子供を預かってもらえるため、共働きの家庭では、子供を産んだ後も働きながら子育てをすることができます。夜勤のある人などは、夜間保育に預ける人もいます。しかし、小学校になると、夕方4時くらいには下校になります。共働きの場合は、夕方の4時くらいには仕事が終わらないので、こどもが一人で自宅で待つことになります。小さなこどもが一人で留守番をすることに不安を案じてしまいます。そんなこどものために、学童保育があります。学童保育は、学校の授業が終わった後、子供を預かってくれます。預かる時間は、住んでいる自治体によって違いますが、夕方の6時半くらいまでのところが多いです。学校の授業がある時だけでなく、夏休みや春休みなどの長期休みの時も子供を預かってもらうことができるので助かります。

学童保育のメリットと料金

小学校の授業が終わった後に、学童保育を利用する子供が増えています。昔は、祖父母と住んでいる家庭や、母親が専業主婦の家庭が多かったので、学童保育はほとんどありませんでした。しかし、最近は、核家族で、夫婦共働きの家庭が増えています。そのため、学校の授業が終わって、子供が帰宅をしても誰も自宅にいないです。中学生くらいになると、一人で留守番をすることができますが、小学校の低学年だと、一人で留守番をさせることに不安がある親が多いです。そんな人は、学童保育に子供を預けることができます。夏休みなどの長期休みも利用することができます。料金は、運営しているところによって大きく違います。自治体が運営している場合は、比較的料金が安いですが、法人が運営している場合は、料金が高くなります。東京などの都会では法人の場合だと月に五万円くらいの料金が相場になります。

学童は子供たちの第二の我が家

我が家の息子たちは2人とも学童のお世話になりました。保育園を卒園して小学生になったとはいえ、まだまだ幼さの残るうちの子達をしっかり面倒みてくださった先生方には本当に感謝しています。雨でなければ毎日、近くにある公園に連れていってたっぷり外遊びさせてくれ、おやつも食べさせてくれ、私も安心して働くことができました。また、年上の子達はお兄さんやお姉さんのように接してくれ、社会性を身につけることもできました。学童がなければ、子供たちにどれだけ寂しい時間を過ごさせてしまったことでしょうか。働くお母さんたちと友達になれたことも大きな収穫です。学生時代の友人はみんな専業主婦でしたので、同じ境遇の人がいませんでしたので、学童がなければ情報を共有することができませんでした。地域に密着した組織だったので、地元についても学ばせてもらうこともできました。