学童保育は果たして本当に必要か

二人ともに仕事している家庭からすれば、学童保育は必要性の高い施設であることはな違いないでしょう。ただ、保育園に行ったからといって学童へ行かなければという絶対的なルールは存在しません。大きくなったお兄ちゃんやお姉ちゃんがいたり、家におじいちゃんやおばあちゃんがいたりなどの家庭も中にはあります。このケースですと、二人ともに仕事していても利用する必要性は薄れてくるのではないでしょうか。これだけ核家族化が進んでいます。少々お金はかかりますが、外注をお願いしている家庭も沢山あります。よって待機児童も溢れ、そして利用したいと考える家庭もグンと増しています。しかし、本当に学童保育が自分にとってありなのかどうかは、家庭の事情により異なってきます。世間一般が利用しているからとかではなく、果たして本当に利用する価値があるかどうかは、親子の普段からのコミュニケーション次第ではないでしょうか。

核家族化が進む中での学童保育

共働き家庭から見たら、学童保育は無くてはならない存在であることは確実でしょう。ただ、保育園の延長として学童に行かなければならないというルールはひとつもありません。すでに、ある程度の年齢のお兄ちゃんやお姉ちゃん、それからおじいちゃんやおばあちゃんが家にいたりなどの家庭も意外とあるでしょう。この場合の家庭では、共働きでも預けることについて、そこまで重要とは限らなくなってきます。でも、核家族化がこれだけ進んでいます。お金を費やしてまで、外注を利用している家庭も多く存在します。よって待機児童も沢山いて、利用を考える家庭も今や溢れています。しかし、学童保育が本当に自分の家庭に価値があるのかは、家庭それぞれの状況により何とも言えません。一般的に通っているから自分の家庭もという発想ではなく、本当に必要性を感じられるかどうかは、普段からの親子のコミュニケーションがものを言うのではないでしょうか。

自分の家庭は学童保育は必要なのか

お父さんお母さん共に仕事する家庭からしたら、学童保育は無くてはならない施設であることは間違いありません。しかし、保育園の次に必ず学童保育に切り替えるという義務は存在しません。落ち着いたお兄ちゃんやお姉ちゃん、それから家におじいちゃんやおばあちゃんがいるといった家庭は存在するでしょう。この場合ですと、二人とも仕事があっても学童保育にわざわざ預けるという考えは薄れてくるはずです。でも、核家族化がこれだけ発展しています。お金はある程度は払うべきと、外注を考えている家庭も多く存在します。なので待機児童も沢山いますし、通いたいという家庭はどんどん増しています。でも、実際の所必要があるのかは家庭状況により全く意見は変わってきます。周りに合わせて何となく通うという発想ではなく、実際に自分の家庭に取り入れるかどうかは、普段からの親子でのやり取りが重要な意味をなしてくるのではないでしょうか。

子供の学習意欲を育てるため、グループでの豊富な課題活動を通して、知性、発表力や社会性を伸ばしていきます。 お問い合わせ時間は、火曜日~土曜日10時~18時までで、0120-23-3715のフリーダイヤルまでお問い合わせください。 当社は幼少期に必要な力(見る力・聞く力・考える力・話す力・行う力)が養われるようにきめ細かく指導にあたっています。 学童でお子様の未来の可能性をサポートします